株式会社ハウツー

企業情報

ハウツー代表 山本尚宏
PROFILE
1982年7月30日 神奈川県生まれ。東京大学中退後3年間のフリーター経験を経て、法律事務所に勤務。IT企業、広告代理店勤務を経て、2012年より参議院議員・弁護士丸山和也の秘書に就任。2013年に株式会社 猿、2014年に株式会社ハウツーを立ち上げる。
国会議員の秘書として活動してきたこともあり、少なからず国の発展に貢献したいと考えるようになりました。国を発展させるにはどうしたらいいか。やはり経済の発展が大前提。アベノミクスなどより、もっと本質的な発展を遂げなければなりません。仕事で中国の大連に行ったときのこと。大連は人口でいうと中国で20番目の都市なのですが、あまりにも多くの高層ビルが立ち並んでいて圧倒されました。日本もこのままでは中国に喰われてしまう。そんな危機感を覚えました。では日本の本質的な経済発展のために自分にできることはと考え、出た答が次の2つ。
  • 人口減少の抑制(少子化対策)
  • 中小企業のアジア進出
少子化対策としてはフランスでうまくいった制度を取り入れることがポイントになると考えます。
一つは政府や地方自治体が取るべき政策として、3人以上子供がいる家族への所得税減税、家族捕捉手当があります。また企業にできることとして、結婚相談所事業などの積極化による晩婚化の抑制、託児所事業の充実による子育ての負担の緩和があります。政策面だけ整えてもうまくいかず、関連させるビジネスも育てて両輪で進めていく必要があります。私たちにできることは後者です。具体的には… それらを見据えて、一歩ずつですが日本の発展に貢献したいと思っています。